原因としくみ

 結露を予防するには、その原因、しくみを知らないと防げません。
一番身近な結露と言えば、グラスに冷たい水を注いでしばらくすると、コップに水滴が付きますよね?これがそうです。^^
コップを水が通り抜けているのではもちろんなくて、空気中に含まれている水分が冷やされて、液体となって出てきたんですね。

困るのは、冬に、窓やサッシに結露が起きて、水浸しになってしまうこと。そして壁の内部などに起こると、建材の木材や断熱材の腐敗を引き起こし、家の寿命が縮んでしまうこともあるのです。
それだけでなく、カビやダニなどの発生する原因ともなって、アレルギー疾患を引き起こす元凶ともなりうるのです。

現在では、エアコンの普及により、夏でも結露が見られるようになってきています。マンションなどの気密性の高い建物は要注意です。車などでもみられます。

温度差こそが、原因なのです。

冷たい水で冷やされたコップ→暖かい部屋の空気
冷たい外の空気で冷やされた窓ガラス→暖かい部屋の空気

飽和水蒸気量という言葉を習った記憶がないでしょうか? 暖かい空気は、たくさんの水分を含むことができますが、温度が下がると、それまで保てていた水分を含んでおくことができなくなるのです。

結露の予防対策

結露

 温度差によって起こるので、室内で温度差を作らないことが予防に繋がります。冷暖房を部屋ごとに行うのではなく、家全体で行うようにしましょう。断熱、気密の高い家でないと効率が悪いので注意です。

また、定期的な換気も重要です。室内の湿度を50%前後に保つように、こまめに換気しましょう。除湿機を併用してもいいですね。
押入れやクローゼットなども空気が動きにくく、結露、カビの発生しやすい場所です。晴れた日などは、扉を開けて空気の入れ替えをしましょう。

窓ガラスの結露の予防としては、結露を防止する二重窓の断熱ガラスを使うといいでしょう。
結露防止グッズとして、窓ガラスに貼るシートや、スプレー、サッシに貼るテープなどもあります。
梱包に使うプチプチを貼っても効果があります。^^

意外と知らない人も多いのですが、石油ストーブやガスストーブなどは、燃焼時に水蒸気を発生させています。
ストーブを点けているときはまだ空気が温まっていて、飽和水蒸気量が多いのでいいのですが、止めて、室温が下がると…。
これは、止めてからしばらく換気扇を回しておくといいでしょう。

スポンサード リンク