ぬいぐるみの洗濯方法

 ぬいぐるみは、洗い方を間違えないようにしましょう。
革やウール素材のものの場合、基本的に洗濯できません。

 また大事なのは、色落ちしないかどうかです。目立たない部分などで、色落ちが無いか試しておくのが重要です。
色落ちが無いようなら、付属品を外しましょう。ぬいぐるみの着てる洋服や、金具など、外れるものは全部外してください。

 普段からのお手入れとしては、アルコール綿などで拭くのもいいですし、ぬいぐるみ専用の汚れ落としなども売っています。(色落ちチェックを忘れずに!)

 お洗濯が可となっているぬいぐるみもあります。中身の詰め物が軟らかい材質のものであれば、まずポリエステルなので、丸洗いできると思って問題ないでしょう。
材質表示があれば確認してください。

 でも、クタクタのぬいぐるみでも無い限り、型崩れが気になってしまうことが多いでしょうし、乾くのにもかなりの時間が必要です。

 そのため、オススメなのは拭き洗いです。これなら、中に電子回路などの器械の入っているようなものでも綺麗にできます。

 中性洗剤を水に溶かしたものを、タオルに染み込ませて拭きます。それから、水を良く絞ったタオルで洗剤をふき取りましょう。
叩くようにすると、水分が中に入ってしまうので、毛並みをすくい上げるような感じでやります。
乾いたタオルで水気を拭き取ったら、直射日光を避けて乾かします。軟らかいブラシで毛並みを整えると完璧です。

水で丸洗いする場合

犬のぬいぐるみ

 水で洗濯する洗い方は、付属品を外して色落ちチェックしてから、洗面器などに中性洗剤や石鹸をとかしたぬるま湯を入れて、それで優しく押し洗いしてください。お洒落着洗い用の洗剤がおすすめです。
軽く脱水して、水を何度か取り替えて、よくすすぎます。
柔軟材を使用してもいいですね。
洗濯機で脱水する場合、タオルなどにくるんで、十秒くらいにしましょう。
 日陰でよく干してください。

 ぬいぐるみの大きさにもよりますが、三日くらい乾かさないといけないかもしれません。あまり天気の悪い日がつづくと、カビが生えてしまうかもしれません。天気予報のチェックも必要ですね。
特に大きなぬいぐるみは、乾くのにも時間がかかります…。

 毛並みを整える場合には、完全に乾燥するまえにブラッシングをするといいようです。

 もし洗濯機で洗う場合には、ネットに入れて、ドライコースなど、その洗濯機でできるだけやさしい洗い方で洗ってあげてください。

 乾燥機を使うと、質感が損なわれたり、型崩れがおきたりしやすいので、ぜったいに止めてくださいね。

※以上の方法を試すときは、すべて自己責任でおねがいします。<(_ _)>
自信が無い場合や、大切なぬいぐるみのときには、プロのお店にクリーニングをお願いしましょう。

スポンサード リンク