土鍋の洗い方

 冬と言えばお鍋ですね。やっぱり土鍋を使うと、いっそうおいしく感じます。
感じるだけじゃなくて、冷めにくいから、火を止めてもずっとグツグツの熱々です。^^
最近では、土鍋でご飯を炊いたりする人も増えてるようですね。ふっくらおいしく炊けるそうです。

鍋を使ったら、当然洗わなくてはいけません。
土鍋の洗い方の注意点などを見ていきましょう。

土鍋は冷めにくいので、もう冷えたかと思っても、まだ熱を持ってる場合があります。そんな状態で冷たい水に浸けてしまうと、ひびが入ってしまうことがあります。

洗剤を使うと良くないともよく言われますが、長時間洗剤に浸けておかなければ大丈夫です。
土鍋は吸水性があるので、洗剤がしみこんでしまうとよくないということです。
金属タワシやクレンザーなどは使わずに、やわらかいスポンジで優しくこすってください。裏側も同様です。強く洗いすぎると、ひび割れの原因となります。

焦げてしまった場合でも、強く擦らずに、お湯を入れて一晩置いておくと土鍋が水分を吸収して、こげが取れやすくなります。
それでも取れない場合は、お湯をはって、重曹を少しいれて火にかけてください。泡立ってからお湯を捨て、やさしく洗いましょう。

ひびなどの手入れ

土鍋

 長く使うのに一番大事なことは、よく乾燥させることです。
きちんとしっかり乾かさずにしまってしまうと、カビなどが発生する原因になります。
水洗い後に、水分を布巾などでできるだけ取り除いたあと、コンロで20秒ほど蓋をせずに空焚きして、火を消してそのまま一日置いておいてください。
食器棚にしまうときに、割り箸などをそこに置いて、直接鍋底が棚に着かないようにすれば風通しもよくなって完璧ですね。
新聞紙などの吸湿性の高い紙などでくるむのも効果的です。

もしも土鍋にひびが入ってしまったら、その鍋でお粥を炊いてください。
お米のでんぷん質が隙間に入り込んで、修復してくれます。
最初に土鍋を使うときにもお粥を炊くか、米の研ぎ汁でゆっくり煮立てましょう。

臭いが付いてしまったときは、お湯に茶殻を入れて、10分ほど煮立てると臭みを茶殻が吸い取ってくれます。
かび臭い場合には、お茶っ葉じゃなくて、お酢かレモン汁を使うといいでしょう。

IHクッキングヒーターなどの電磁調理器は、金属を加熱する仕組みなので、普通の土鍋は使えません。
金属を底に貼ったIH対応の土鍋があります。^^

土鍋を購入したときに説明書がついていたら、しっかりと読んで、守るようにしてください。

スポンサード リンク