それってダウンジャケット?

 ダウンジャケットの洗い方について調べてみました。
洗濯機に突っ込んで洗う前に、洗濯の絵の書いてあるタグ(洗濯絵表示ネーム)を確認してくださいね。

ノースフェイスやパタゴニアなどのアウトドアメーカーのダウンジャケットが人気かと思いますが、ユニクロでも最近よく売れているようですね。

ダウンジャケットの定義としては、羽毛を使ったジャンバーだと思ってください。羽毛のことをダウン、ダウンフェザーというので。
見た目がダウンジャケットと一緒でも、中身がポリエステルの場合もけっこうあります。私の着てるジャケットもそうでした。
これらは比較的手軽に洗濯することができますが、羽毛のダウンジャケットは、基本的に洗濯機などで洗濯せずにずっと着るものだと思ってください。
(最近では、洗濯できるタイプのものも出てきてはいますが。)

そうは言っても、汚れてしまうこともあれば、衣替えの前に綺麗にしたいものです。

お手入れと洗い方

羽毛

基本的な日常のお手入れとしては、着た後はハンガーなどにかけて風通しのいいところに置いておきましょう。一晩置いておけば、湿気はとれます。

ファブリーズなどの消臭スプレーを使うときには、目立たない部分で変色などがないかチェックするのを忘れずに。

軽い汚れなどは、水を含ませて硬く絞った布などで拭けばいいでしょう。袖口や襟元、汚れた場所は、中性洗剤を含ませた布で拭いてください。

まずは洗濯絵表示タグをチェック。水洗いがOKならば、自宅でも洗濯できます。
お風呂の浴槽や洗濯機、桶などに水を容れ、液体の中性洗剤(エマールがオススメ)を溶かします。
汚れの酷い部分には、洗剤を直接水を含ませたスポンジなどにつけて、先にそれで叩いて洗いましょう。
ダウンジャケットを入れます。浮いてくるので、押さえて水が染み込むようにしてください。そして優しく押し洗い。
すすぎは入念に。最後のすすぎのときに、柔軟材を使ってもいいでしょう。
すすぎが終わったら、軽く水を切ります。脱水機を使う場合には、30秒ほどにしましょう。
そして日陰で平干しです。乾いてきたら、ハンガーにかけて完全に乾かします。
仕上げは叩いて空気を含ませてください。防水スプレーを軽くかければ完璧ですね。
布団乾燥機をつかって乾燥させていえる人もいるようです。^^

水洗いがNGの場合は、クリーニング店でドライクリーニングに出しましょう。クリーニングに出す場合、年に一回程度が適当です。

スポンサード リンク